その他

アンパンマンいただきますを言わない理由が感慨深い!やなせたかしの正義とは?

小さい子供達には大人気のアンパンマン。

困っている人には自分の顔を食べさせてあげるのに、アンパンマンは「いただきます」という言葉はいったことがないそうです。

その理由が だったので、ネット上の声もまとめてご紹介しますね。

アンパンマンがいただきますを言わない理由

アンパンマンは、お腹を空かせている人に対し、自分の顔でもあるアンパンを分けて食べさせてくれます。

自分の顔であるアンパンの部分が少なくなると、力がでなくなる設定なのですが、それでも困っている人を助けてくれるアンパンマン。

そんなアンパンマンですが、実はものを食べないってご存知でしたか?

いやいや、一回くらい食事したことがあるんじゃないの?と思いましたが、どうやら一度も「いただきます」と言ったことがないそう。

アンパンマンの声優を担当している戸田恵子さん曰く

「神様とは言わないけど、唯一無二の特別な存在だからだと思います。食べるという行為には「俗」な面もありますが、アンパンマンはそういうところにいないのかなって。
第1回の放送で、アンパンマンはジャムおじさんを助けた後にこう言います。
「僕、胸の中がとってもホカホカしてるよ。人を助けるってこんなに胸があったかくなるものなの?」
そこからパトロールの仕事を始めるんです。自分の顔を誰かに食べさせるんだけど、顔が削られていくと、どんどん弱くなってしまう。
自分がダメになるとわかっていて、人のために何かをするっていうこと自体が、もはや神的だなと。」
参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190707-00010000-bfj-ent&p=1

 

作者のやなせたかしさんは、戦争を体験していることもあり、以下の内容のコメントを残されています。

「決して逆転しない正義の味方」と評しています。正義と悪は国や時代によって簡単に逆転するけれど、「ひもじい人を助ける」という正義は逆転しないと。

正義という言葉には、「正しい道理。人間行為の正しさ。」という意味があり、
やなせさんの中には、ひもじい人を助けるのは正しい行いだという想いがあるのでしょうね。

それをアンパンマンを通して、小さい子供達にメッセージとして伝えているのでしょう。

小さい頃にはわからなくても、改めて成長した後に「ハッ!」と気付かされる内容ですね。

アンパンマンいただきますを言わない理由について、ネット上の声は?

男性
男性
神様なんだね。
人に与える事はあっても、もらうことはしない。
それが愛なのかもしれない。
女性
女性
戦争を経験した方達は、大きな災害の度に思い出すのかもしれないね。
戦争は二度としたくないけど、
それで培った、
日本人らしい人に対する想いだけは
どうか後世に残りますように。
女性
女性
一緒に見てて、小さい頃には気付かなかった部分や、主題歌の深さ、キャラの多さにも驚かされるw
最近のよく出来たアニメでも、ここまでのロングヒットは難しいだろう。
ポケモンも長いけど、アンパンマンは大きなリニューアルも無く続いている。
孫、ひ孫の代にまでずっと続いていて欲しい。
女性
女性
アンパンマンの歌も素晴らしいなと思います。
もし 自信をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ 思い出せ
大人になって色々経験して、分かる歌詞の素晴らしさ。
全部書いたら泣いてしまいそう。
男性
男性
愛=自己犠牲
人を好きになったら愛おしくなると、自分の労を惜しまなく相手の喜ぶことに突き進みます。
やなせ先生の仰るように、人が、子が喜ぶことを精一杯やっていきたいなと僕も思います。
生きるということはお金が、何かと絡むのでとても、とても難しい事ですが、、、
やなせ先生をとても尊敬しております。

ちなみに「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が2019年7月7日に、みなとみらい61街区にオープン。

エントランス付近では、高さ4メートルのアンパンマンが出迎えてくれます。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目2番(みなとみらい61街区)

営業時間:ミュージアム10時~17時(最終入館16時)/ショップ&フード・レストラン10時~18時

入場料:2200円(税込)※1歳以上一律(1Fは入場無料)

URL:http://www.yokohama-anpanman.jp/