CM

マットCM(ブラックサンダー)の目や眉毛が怖い?出演の経緯やサンダーバードとは?

人気のチョコレート菓子「ブラックサンダー」はご存知ですか?

コンビニなどで安く売っていて、食べたことがある人も多いと思います。

そんなブラックサンダーのCMに、桑田真澄さんの息子であるMatt(マット)さんが出演し、大変話題になりましたね。

あまりにも衝撃的すぎたので、マットさんが出演するブラックサンダーのCMについて調べてみました。

マットCM(ブラックサンダー)の目や眉毛が怖い?

早速ですが、Matt(マット)さんが出演されているブラックサンダーのCMがこちらです。

 

Matt(マット)さんがあまりにも強烈すぎて、もはやブラックサンダーのことが全く頭に入ってこない映像になっています。

もはやCMの意味がなく、単にMatt(マット)さんの強烈さをアピールする内容になっている気がします。

このCMでは、Matt(マット)さんはアンドロイドヒーローという役柄を演じているんですが、確かにアンドロイドっぽいですね。

眉毛にものすごくこだわったそうですが、目元の化粧も含めて、ちょっと怖いような印象も受けます。

今回、ブラックサンダーを生産している有楽製菓がなぜこのようなCMを製作したのか気になりますよね。

実はブラックサンダーが発売25周年を迎えたからなんですね。

というか、そんな前からブラックサンダーって発売されていたんですね。

で、こちらが初期のブラックサンダーのパッケージです↓

発売から25周年ということで、過去に何度もコラボしていて、様々なデザインのパッケージが世に出回っていました。

ちなみにブラックサンダーよりも前から存在している「ユーラクぼうや」は、どうやら非公式のキャラクターらしいです。


アンダービースティーとのコラボパッケージ。


地域限定のパッケージもありますね。


ファンタ味のブラックサンダー。

そして、おなじ有楽製菓から発売されているビッグサンダー。

パッケージが似てて、見分けがつきにくいですね。

ブラックサンダーのCMにマットさんが出演した経緯は?

この度、ブラックサンダーが発売25周年を迎えたんですが、なぜその記念CMにMatt(マット)さんが出演することになったのでしょうか?

実は、Matt(マット)さんは、ブラックサンダーが発売された年と同じ1994年生まれだったのがきっかけになったみたいです。

また、、Matt(マット)さんはタレント活動もしていて、Instagramの人気も凄まじいことも関係しているようですね。

あまりにも衝撃的なCMだったので、Matt(マット)さんを起用したのはある意味で正解だったのではないでしょうか。

かなりのインパクトのおかげで、メディアでも紹介されていますからね。

サンダーバードとの関係は?

CMを観ると、アンドロイド役のMatt(マット)さんは「サンダーマット」と呼ばれています。

ブラックサンダーとMatt(マット)さんをかけて、このようなネーミングになったと考えられますね。

また、それとは別にネット上でMatt(マット)さんがサンダーバードと呼ばれていることも起因しているのではないでしょうか?

Matt(マット)さんの化粧も特徴的ですし、サンダーバードの絵を見せられると、似ているなとも思ってしまいますね。

有楽製菓のサイトには、サンダーバードに関する記載はありませんでしたが、もしかしたら何かしら関係があったのかしれませんね。