ニュース

みずがめ座流星群2019年7月の方角・時間帯は?見頃のピークはいつ?

みずがめ座δ(デルタ)南流星群の活動がピークを迎えているというニュースを見かけました。

毎年7月15日〜8月20日頃に活発になる流星群で、長い期間に渡って見ることができるのが特徴の流星群です。

今回はみずがめ座流星群2019年7月の方角や時間帯、見頃のピークがいつのなのかを調べてみました。

みずがめ座流星群とは?


秋を代表する星座の一つ、みずがめ座。

そのみずがめ座付近で毎年流星群が見られます。

みずがめ座の流星群には、みずがめ座η(イータ)流星群とみずがめ座δ(デルタ)流星群があります。

みずがめ座η(イータ)流星群

毎年ゴールデンウィークの時期に流星群が見れます。

η(イータ)流星群と呼ばれる理由は、放射点(流星群が飛び出てくるように見える1点のこと)が、みずがめ座のη(イータ)星付近にあるためです。

みずがめ座δ(デルタ)流星群

毎年毎年7月15日〜8月20日頃に活発になる流星群です。

放射点がみずがめ座のδ(デルタ)星付近にあることからこう呼ばれています。

みずがめ座流星群2019年7月の方角・時間帯は?見頃のピークはいつ?

2019年7月・8月のみずがめ座δ(デルタ)南流星群の見頃について調べてみました。

まず、みずがめ座δ(デルタ)南流星群が見れるおおよその期間は、7月12日(金)~8月23日(金)くらいと言われています。

中でもみずがめ座δ(デルタ)南流星群がよく見れると思われるピークの時期は、7月30日(火)〜31日(水)。

時間帯は、放射点が高くなる23時以降が良いそうですね。

方角は南になりますが、特に気にする必要はないみたいです。

また7月末の時期は、みずがめ座流星群以外に、やぎ座α(アルファ)流星群やペルセウス座流星群も活動しているそう。

運がよければ1時間に10個程度の流れ星を観測できるみたいですね。

ちょっと根気がいるかもしれませんが、見つけた時はきっと感動するでしょうね。

みずがめ座δ(デルタ)南流星群の方角・時間帯・ピークについて
期間:2019年7月12日(金)~8月23日(金)くらい
方角:南(特に気にしなくてもよい)
時間帯:夜の11時(23時)以降がオススメ
ピーク:2019年7月30日

恐らく一瞬の出来事でしょうから、瞬きの間に見過ごしちゃうかもしれませんね。

なお、以下の記事の内容によると

北海道の東側や東北太平洋側沿岸部、関東南部、瀬戸内海沿岸部はよく見えるそう。

北海道道南や東北から九州、沖縄にかけては見れるチャンスがあるかも。

逆に北海道北部や内陸部、岐阜県や関東北部、福島県の一部では、もしかしたら見れないかもしれないとのこと。

参照:https://news.livedoor.com/article/detail/16851956/

とはいえ、2019年8月23日(金)くらいまでは、みずがめ座δ(デルタ)南流星群が見れる期間なのでまだチャンスはありますよ。

以上、みずがめ座流星群2019年7月の方角や時間帯、ピークの時期についてご紹介しました。