スポーツ

サファテ弁明の内容は?ラピノーのアメリカ国旗踏みつけ動画がこちら!

女子サッカーアメリカ代表のミーガン・ラピノー選手に対し、デニス・サファテ選手が批判・弁明したことが話題になっていますね。

ラピノー選手は度々トランプ大統領を批判するコメントをしていたのですが、それに対しサファテ選手がツイートしたことが発端になっています。

結局はサファテ選手が弁明することになったのですが、この経緯について調べてみました。

サファテ弁明の内容は?

女子サッカーアメリカ代表ミーガン・ラピノー選手が、トランプ政権を批判したことに対し、福岡ソフトバンクホークスのデニス・サファテ選手が以下のツイートをしたことで問題になりました

7月9日午前、サファテ選手がラピノー選手に宛てて「おい @mPinoe(ラピノー選手のTwitter)、そんなにアメリカのことが嫌いなら、出て行け!誰も止めないぞ」とツイートした。
参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010003-bfjc-spo

このサファテ選手のツイートに対し、読売ジャイアンツのマシソン投手も同意する内容のツイートをしたことも。

これらのツイートに対し、世間からは

「逆にサファテ選手の発言がアメリカを貶めている」

「女性スポーツ選手の権利向上を求める人に対して、ふさわしい発言ではない」

などの批判の声がありました。

このような世間の反応に対し、サファテ選手は弁明のツイートを投稿されています。

 

サファテ選手としては「じゃあ米国以外でプレーしてもいいんじゃない?」というニュアンスでツイートされたと思うのですが、予想以上に反響があったということですね。

サファテ弁明の内容は?ラピノーがトランプ大統領を批判した動画とは?

そもそもラピノー選手は、なぜアメリカ、そしてトランプ政権を批判しているのでしょうか?

今年1月のインタビューで、「W杯で優勝してホワイトハウスに行くのが楽しみですか?」と問われ、「くそホワイトハウスなんかに行くわけがない」と答えた。
この発言は話題を呼び、トランプ大統領が大会中に、「スポーツリーグやチームは、ホワイトハウスに来るのが大好きだ」「ミーガンは口を動かす前に勝て!仕事をしろ!」「ミーガンはこの国、ホワイトハウス、または国旗を侮辱するべきではない」などと不満をあらわにする事態となった。
参照:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00010003-bfjc-spo

実はラピノー選手は、自身が同性愛LGBTであることを公言しています。

そしてトランプ政権はLGBTに対し批判的な態度をとっているため、ラピノー選手もまたトランプ政権に批判的な態度をとっているわけですね。

そして、ネット上ではラピノー選手がアメリカ国旗を踏みつけて、トランプ政権を批判したという情報が出回り、さらにラピノー選手が批判されています。

その動画がこちらです

これを見る限りだと、意図的にアメリカ国旗を踏みつけたとは言えない気がします。

ラピノー選手の視線は、明らかに観客席に向いており、アメリカ国旗を見ていませんからね。

今回の報道は、アメリカの人気選手だけでなく、日本の有名選手も関わっているだけにしばらく問題になりそうですね。