ドラマ

シャーロック河本美沙(みさ)|藍子の部下アルバイトの女優は誰?

2019年の秋ドラマ、フジテレビ「シャーロック」の第2話が10月14日に放送されますね。

フリーの犯罪コンサルタント誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と、バディを組む相方の医師、若宮潤一(岩田剛典)が難事件の解決に挑んでいきます。

すでに第1話が放送され、とても盛り上がりを見せているドラマ「シャーロック」では、メインのキャスト陣に加え、ゲストキャラが登場します。

第2話では、敏腕弁護士・青木藍子の事務所に勤務するアルバイト、河本美沙というキャラクターが登場します。

誉獅子雄からある写真を見せられているシーンが公開されていることから、何らかの形で捜査に協力していく流れになることが想像されます。

この記事では「シャーロック河本美沙(みさ)|藍子の部下の女優は誰?」と題して、弁護士・青木藍子の事務所に勤務するアルバイト河本美沙を演じた女優についてご紹介していきますね

あわせて読みたい
シャーロック山下佐和子(さわこ)役の女優はだれ?天気の子の主題歌に参加したあの人だった!2019年10月14日に、フジテレビドラマ「シャーロック」の第2話が放送されますね。 ディーン・フジオカさんや岩田剛典さんらが出演され...

シャーロック第2話のあらすじ


事務所兼住居が上の階からの水漏れにより宿無しになった誉獅子雄(ディーン・フジオカ)は、ある事件で、重要参考人として知り合い、その後、職無しとなった若宮潤一(岩田剛典)のマンションに勝手に移り住んだ。翌朝、若宮が大きな音で目覚めると、獅子雄が怪しげな実験をしていて、早速同居を始めたことを後悔する若宮。そんなところに、獅子雄のスマートフォンが着信する。相手は、捜査一課の江藤礼二(佐々木蔵之介)だ。新宿駅で列車に轢かれて亡くなった女性の話をし始める江藤に、興味を持てない獅子雄。だが、江藤は、“魅力的なホトケ”だと獅子雄を誘い出す。

遺体安置室で女性の遺体と対面する獅子雄。若宮も無理矢理連れてこられている。江藤に獅子雄と一緒にコンビを組むのか問われた若宮は、即座に否定するのだが…。その傍らで、獅子雄は小暮クミコ(山田真歩)にとがめられながらも、勝手に遺体を調べ始める。遺体の手首には“0314”と番号が貼られている。遺体は、所持品から高橋博美という女性とみられると江藤から説明があるも、獅子雄は身元が推測されながらも、身元不明遺体を示す番号が付けられている矛盾点に気づく。そして、それが江藤の言わんとする“魅力的なホトケ”であると指摘。高橋博美として死んだ女性は、全くの別人なのだ。果たして、死んだ女は一体誰なのか?そして、本物の高橋博美とは?

こうして“成り代わり”遺体の謎を追うこととなった獅子雄は若宮を助手扱いして、博美の身辺捜査を始める。婚約者の佐々木守(内村遥)や、過去のある一件で博美の弁護を担当した弁護士・青木藍子(菅野美穂)たちに話を聞きに行く。藍子の事務所で、獅子雄は、アルバイトの河本美沙(岸井ゆきの)の様子を見て彼女をマークし、若宮を絡めた“ある計画”を始動させるが…。
引用:シャーロック公式サイト

シャーロック河本美沙(みさ)はどんな人物?

2019年秋ドラマ、フジテレビ「シャーロック」第2話のゲストキャラとして、河本美沙(こうもとみさ)が登場します。

河本美沙は、弁護士・青木藍子の事務所でアルバイトとして勤務している、という設定です。


画像一番左の女性が、河本美沙のイメージ画像になります。

都会の闇で孤独に生きる女たちを演じているそうですよ。

そして事件解決のため、河本美沙は獅子雄にマークされることになります。

シャーロック河本美沙(みさ)役の女優は岸井ゆきの!

シャーロック第2話で、弁護士・青木藍子の事務所でアルバイトとして勤務している河本美沙(こうもとみさ)を演じた女優は岸井ゆきのさんでした。

フジテレビのドラマ「ルパンの娘」では橋本エミリ役で登場していましたね。

可愛らしいけど、ちょっといじらしいような、そんな橋本エミリ役を演じてくれました。

岸井ゆきのさんの経歴・プロフィール

名前:岸井ゆきの
生年月日:1992年2月11日
出身地:神奈川県
身長:148.5cm
血液型:AB型
所属事務所:ユマニテ
公式Instagramはこちら:yukino_kishii

出演作品はこちら

岸井ゆきのさんは、2009年10月に放送されたTBSドラマ「小公女セイラ」で桜井ナナ役として女優デビューされました。

2011年には舞台「43」、「宮本武蔵」にも出演されています。

そして2016年にはNHK大河ドラマ「真田丸」にて真田信繁の側室・たか役を演じ、一気に注目されるようになりました。

2017年には映画「おじいちゃん、死んじゃったって。」で主人公の春野吉子役として初主演を果たし、第39回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しました。

2018年にはNHK連続テレビ小説「まんぷく」で香田タカ役を演じました。

そしてフジテレビ「シャーロック」第2話で、河本美沙役でゲスト出演されます。

岸井ゆきのさんのコメント
人を守ろうとする思い、法律、犯罪…。いろいろなものが混ざり合った面白いストーリーになっていますし、何より大好きな「シャーロック・ホームズ」の世界に関わることができて本当にうれしいです。
そして、獅子雄と若宮(岩田剛典)がそれぞれ事件に対して違うアプローチをするのが印象的で。獅子雄は目の前の出来事からうそを見抜いて真実を暴こうとしますが、若宮は人に寄り添って真実を聞き出そうとする。
そんな2人の温度差がこのドラマの“ホームズとワトソン”なんだ、とわくわくしました! 獅子雄の手品のような仕草がとてもすてきなので、そのあたりにも注目いただきながら物語を楽しんでいただきたいです。
参照:https://thetv.jp/news/detail/207882/p2/

ディーン・フジオカさんとは、フジテレビドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-」以来での共演となり、鼻血をだして泡を吹いて気絶する演技が強烈すぎて、ディーンさんには「(今作の演技は)物足りなくない?」と笑われたそう。

とある薬を飲んだ後に、白目をむいて鼻血をだして倒れる、という演技だったんですが、そりゃこんな演技が見事なまでにできるんだったら、シャーロックの演技も簡単だよね、って言いたくもなりますね(笑)。

そんな岸井ゆきのさんは、最近注目されている女優として名前がよく挙げられています。

ちなみに第11回TAMA映画賞では、今年最も飛躍した女優に送られる最優秀新進女優賞を受賞されました。

屈託のない本当に幸せそうな笑顔や、演技とは思えない、それこそ日常の中を一部をそのまま見せているような感じがあり、岸井ゆきのさんの演技は好評ですよね。

今後もさらに多くの作品に出演されるでしょうから、岸井ゆきのさんは注目しておくべき女優さんです。

まとめ

以上、「シャーロック河本美沙(みさ)|藍子の部下アルバイトの女優は誰?」と題し、河本美沙役の女優さんをご紹介しました。

藍子の部下のアルバイト、河本美沙役の女優さんは岸井ゆきのさんでした。
最近話題の女優として挙げられる岸井ゆきのさんは、2019年の第11回TAMA映画賞で、今年最も飛躍した女優に送られる最優秀新進女優賞を受賞されました。

今後も様々な作品に出演されると思いますので、みなさんも注目しておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
シャーロック 佐々木守(まもる)役は誰?博美の婚約者の男性俳優は陸王にも出演したあの人!フジテレビ「シャーロック」第2話が10月14日に放送されます。 7日に放送された初回はなんと平均視聴率が12.8%だったことが分かり、...