芸能

イルカ(歌手)の現在は?息子や孫、若い頃やゴスロリ衣装の画像は?

歌手のイルカさんをご存知でしょうか?

「なごり雪」のカバー曲でブレイクされたイルカさんですが、現在はゴシック&ロリータファッションも着こなすなど衣装でも注目されています。

今回はイルカさんの現在や息子や孫について、若い頃やゴスロリ衣装の画像を調べてみました。

イルカ(歌手)の現在は?若い頃やゴスロリ衣装の画像は?

https://twitter.com/1242_PR/status/1140179706781810690

名前:イルカ(本名:神部としえ 旧姓:保坂としえ)
生年月日:1950年12月3日(68歳:2019年時点)
出身地:東京都中野区
出身小学校:中野区立谷戸小学校
出身中学:東京文化中学校
出身高校:東京文化高等学校
出身大学:女子美術大学

1974年の「あの頃のぼくは」でソロデビューを果たし、伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」のカバー曲で一気にブレイクされたそうです。

ジャケット画像に写る若い頃のイルカさん

https://twitter.com/maru_showzy/status/1101420262950547456

歌手として活躍された一方で、2004年には国際自然保護連合の親善大使に選ばれています。

父親はジャズバンド「スターダスターズ」のテナーサックス奏者、保坂俊雄さん

芸名の「イルカ」の由来は、女子美術大学時代に在籍していたフォークソング同好会の帰り道、メンバーがギターケースを持って帰る姿をみて「イルカ」みたいと言ったことから。

イルカさんの夫は神部和夫さん

1970年にイルカさんがフォークソンググループのシュリークスに参加した際に、メンバーであった神部和夫さんと出会っています。

そして1972年に二人は結婚されました。

その後、神部和夫さんは1986年にパーキンソン病を患い、2007年3月21日に急性腎不全のため亡くなっています。

2010年4月には、母校の女子美術大学芸術学部の客員教授に就任。

2012年からは着物のデザイン・手描き・染め・プロデュースを手掛けられています。

ちなみにイルカさんの代名詞ともいえるかもしれませんが、常にオーバーオールを着ているそうで、こんな理由がありました。

「これはもう好きだからしょうがない。オーバーオールを着ていると落ち着くんです。実はデビューからずっとスタイリストや衣装デザイナーは付けずにやってきて、ステージ衣装やテレビに出演する時の服は全部自分で調達しています」
オーバーオールとの出合いは、デビュー前にさかのぼる。「レオン・ラッセル(米国を代表するシンガー・ソングライター)のライブ映像を観て、彼の帽子をかぶっている姿も印象的でしたが、後ろにいたコーラスガールたちがダボダボのオーバーオールを着ていたんです。それがすごくかっこよかった。
参照:https://www.oricon.co.jp/news/2087105/full/

また、イルカさんは花粉症のため、春の季節は鼻声になるとのことで、コンサートなど歌手活動は休止されています。

なお、2019年現在のイルカさんはゴシック・アンド・ロリータファッションにはまっているそう。

https://twitter.com/ohtahiromi1974/status/820595177383301121

この衣装画像はまだ普通かもしれませんが、公式サイトにはもっとすごい衣装が掲載されています。

「入るなキケン!!」と注意書きまでされていますから、ご覧になる際はご注意ください(笑)

イルカさんの超危険なゴシック・アンド・ロリータファッション画像はこちら
http://www.iruka-office.co.jp/gallery/iruka-collection/stage/index.html

イルカ(歌手)の息子や孫は?

イルカさんには息子さんがいます。現在、ソロのシンガーソングライターである神部冬馬さんです。

1978年12月14日生まれで、2019年時点だと、40歳ということになりますね。

名前の由来は冬に生まれたからで、大学は青山学院大学文学部教育学科(中退)に進まれています。

テレビ番組「有吉反省会」に出演された際には、イルカ離れができないと、未だにイルカさんの子供で独り立ちできていないような発言をされています。

そのためか、番組内の禊にて一時的に「クジラ」に改名されました。

また、プライベートでは2012年に結婚され、双子(男女)の子供がいます。

つまりはイルカさんのお孫さんですね。

また、サッカーJリーグのヴァンフォーレ甲府の公式応援歌「君は青い風」「泥だらけの靴」の作詞作曲を手掛けたほか、ラジオや舞台で活躍されています。

 

以上、イルカさんの現在や息子や孫、そして若い頃やゴスロリ衣装の画像についてご紹介いたしました。