邦画

「カメラを止めるな!」ロケ地は埼玉と茨城!興行収入ランキングは何位?

第42回日本アカデミー賞で話題賞を受賞した映画「カメラを止めるな!」。

低予算の作品で上映館も少なかったのですが、SNS上で取り上げられてからは一気に人気作品となりました。

今回の記事では、映画「カメラを止めるな!」の撮影ロケ地と興行収入についてご紹介しますね。

制作費300万円の低予算作品ながらも、興行収入はかなりの額になっています。

「カメラを止めるな!」ロケ地は埼玉と茨城!

あわせて読みたい
ハリウッド大作戦!のあらすじネタバレ!無料動画視聴や見逃し配信・再放送はある?映画「カメラを止めるな!」が大ヒットし、第42回日本アカデミー賞で話題賞を受賞しましたね。 そして、そのスピンオフ作品「ハリウッド大作...

芦山浄水場

欅坂46「もう森へ帰ろうか?」のミュージックビデオの撮影ロケ地と同じ場所です。

その他にも仮面ライダーやルパンレンジャーvsパトレンジャーなど特撮系の撮影ロケ地にも利用されていますね。

なお、映画「カメラを止めるな!」はその撮影のほぼ7割を芦山浄水場で行ったそうです。

フィルムコミッションという制度を利用して、自治体より無償で芦山浄水場をロケ地として提供してもらっています。

映画「カメラを止めるな!」が低予算映画と言われているのも、水戸市の協力があったからなんですね。

ちなみにその制作予算は約300万円で、出演していた俳優は(当時は)無名の人ばかり。

上映していた映画館はわずか2館でしたが、SNS上で話題になると、そこから一気に上映館は増えていったんですよね。


住所:茨城県水戸市渡里町

 

SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

映像ミュージアム3階 301スタジオ

ここでテレビ局のシーンが撮影されています。

笹原プロデューサー役の竹原さんは、周りをエキストラに囲まれ、緊張のあまり動けなかったみたいです。

彩の国ビジュアルプラザ 1階 階段

Vシネの撮影現場になった場所がこちら。

B街区

ドラマのリハーサル場所で利用されたみたいです。

彩の国ビジュアルプラザ 4階 研修室

顔合わせ会場・稽古場として利用されています。なんと、読み合わせのシーンで泣いていた赤ちゃんは上田監督の子供で、当時はまだ生後3ヶ月というから驚きです。

映画に自分の子供を出演させていたなんて驚きですね。

住所:埼玉県川口市上青木3丁目12−63

 

その他:偕楽園ユースホステル

こちらは撮影ロケ地ではないのですが、芦山浄水場での撮影時に宿泊していた偕楽園ユースホステル。

かなり安く泊まれる場所みたいですね。
何人で泊まっても1人あたり2,100円からになるなんて、こりゃ安い。

住所:茨城県水戸市緑町1丁目1−18 茨城県立青少年会館 4F

 

「カメラを止めるな!」ロケ地は埼玉と茨城!興行収入ランキングは何位?

制作費およそ300万円の低予算映画ながら、映画が公開されるとSNS上で話題になり、グングンと興行収入を伸ばしていった「カメラを止めるな!」。

舞台「GHOST IN THE BOX!」の盗作ではないか?と一時期は騒がれていましたが、今となっては盗作疑惑も集結したもよう。

「GHOST IN THE BOX!」の代表著作権者である和田亮一さんとも和解されたみたいですね。

そんな映画「カメラを止めるな!」は一体どれくらいの興行収入を稼ぎ出したのでしょうか?

調べてみると、その額なんと31.2億円

一般社団法人の日本映画製作者連盟が発表した「2018年(平成30年)興行収入10億円以上番組 」によると、邦画部門での売り上げは7位。

2018年(平成30年)興行収入10億円以上番組

1位:劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 93.0億円
2位:名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん) 91.8億円
3位:映画ドラえもん のび太の宝島 53.7億円
4位:万引き家族 45.5億円
5位:銀魂2 掟は破るためにこそある 37.0億円
6位:DESTINY 鎌倉ものがたり 32.1億円
7位:カメラを止めるな! 31.2億円

まさに2018年の映画を盛り上げた作品の一つと言えるでしょう。

そのおかげもあってか、第42回日本アカデミー賞では話題賞を受賞し、上田慎一郎監督が最優秀編集賞を受賞されています。

その上、「カメラを止めるな!」のスピンオフ作品「ハリウッド大作戦!」が3月2日よりAbemaTVで放映されるということで、まだまだカメ止めブームは続くかもしれませんね。

あわせて読みたい
ハリウッド大作戦!のあらすじネタバレ!無料動画視聴や見逃し配信・再放送はある?映画「カメラを止めるな!」が大ヒットし、第42回日本アカデミー賞で話題賞を受賞しましたね。 そして、そのスピンオフ作品「ハリウッド大作...