ニュース

加藤博人の経歴(高校や大学)は?ミニカー集めが英語を学んだきっかけ?

当時5歳で英語検定2級に合格した加藤博人さん。

小さい頃からミニカー集めを趣味にしており、所有台数は数千台にもなるそうです。
2019年時点で大学にも進学しているみたいですね。

今回は、加藤博人さんの経歴(高校や大学)や、ミニカーに関する情報を調べてみました。

加藤博人の経歴(高校や大学)は?

名前:加藤博人(かとう ひろと)
出身:山口県
住まい:神奈川県横浜市?※
生年月日:2000年11月26日
身長:186cm(2016年時点)
大学:慶應義塾大学環境情報学部

※出身が神奈川県横浜市との噂もありましたが、お住まいではないかと思われます。
出身は山口県である可能性があります。
参照:https://trafficnews.jp/post/writer/加藤博人(フリーライター/ミニカー研究家)

高校は三田国際学園との噂がありましたが、信憑性のある情報を見つけることができませんでした。悪しからず。

なお、大学は慶應義塾大学環境情報学部に入学されています。

当初は、オープンキャンパスに参加した東京外国語大学への進学を検討されていたみたいですが、「自動車部がある大学がいい」との希望で慶應義塾大学を受験されました。

AO入試で合格し、見事に慶應義塾大学の自動車部に入部されたそうですよ。

英語に関しては、5歳で英検2級、小3で準1級、中1で1級に合格され、しかもTOEICは980点を取るほどの実力。

また、2017年3月には、最年少で英語発音指導士の資格を取得されています。

取得されている資格については、一つずつ記載していくと物凄い量になってしまいます。

一部をご紹介すると、
・工業英検3級(10歳)
・仏検4級(7歳)
・国連英検B級(8歳)
・国内旅行地理検定3級・4級(12歳)
・海外旅行地理検定3級・4級(12歳)
・観光英検2級・3級(12歳)
など、英語に関連するような資格やその他の資格など、数多く取得されています。

私たちが知らないだけで、英語に関するものだけでも相当な数の資格が存在するんですね。

加藤博人さんが取得されている資格についてはこちらからご確認ください。
https://plaza.rakuten.co.jp/kenteioyako/

将来の夢は、車やカメラのデザイナーになること。

なお、母親が自動車生活ジャーナリストとして活躍されていて、加藤博人さんも執筆のサポートをされています。

・スペースX新型ロケットどこが画期的? テスラ車載せ「ファルコン・ヘビー」打ち上げ
https://trafficnews.jp/post/79644

加藤博人の経歴(高校や大学)は?ミニカー集めが英語を学んだきっかけ?


初めて英語を学んだのは、加藤博人さんが4歳の時に、母親と一緒にオーストラリアに留学した時です。

帰国後も英語での生活を続け、試しに児童英検の問題を解いたところ成績が良かったので、英検5級を受けてみたそうです。

すると、英語の勉強にはまっていき、5歳で英検2級、小3で準1級、中1で1級に合格するまでになったそうですよ。

そして、英語を学ぶ上でもう一つきっかけになったのが、ミニカーの存在です。
加藤博人さんがミニカーに出会ったのは、生後8ヶ月の頃。

母親が1954年式メルセデス・ベンツの300SLのミニカーを与えたそうです。

その際、車のことを「ブーブー」ではなく、固有名詞で教えるようにしていたとか。
そして英語を勉強する際に、問題に正解すると金色のシールがもらえ、50枚たまるとミニカーがもらえる、というルールを決めたそうです。

そのおかげでミニカー集めが趣味になり、同時に英語も身についたんですね。

なお、今までに集めたミニカーの数は5,000台にもなるそう。

お気に入りの車は「BACK TO THE FUTURE」の「デロリアン」。

中には1台で約3万円もするミニカーもあるんだとか。

まとめ

以上、加藤博人さんの経歴(高校や大学)や、ミニカー集めに関する情報をまとめてみました。

小さい頃から英語に関する資格を取得していて、5歳で英検2級、小3で準1級、中1で1級に合格。

慶應義塾大学環境情報学部に進学され、自動車部に入部されています。

幼い頃に与えられたミニカーとの出会いが、英語を学ぶきっかけにもなっているんですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です