芸能

キートンのR-1観覧客批判内容が炎上!優勝者の予想が当たっていた?

ピン芸人日本一決定戦「R―1ぐらんぷり」で敗退した際に、運営側を批判したとして注目と集めたお笑い芸人のキートンさん。

決勝戦が3月10日に放送され、「霜降り明星」の粗品さんがR-1王者になりましたね。

ところが、今回のR-1の審査について疑問を感じられているのか、放送後にキートンさんが意味深なツイートをされていました。

観覧客に対する批判や、優勝者の予想までされており、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク



キートンのR-1観覧客批判の内容がすごい!

「R―1ぐらんぷり」に出場されたキートンさんですが、結果的には3回戦で敗退。

その際に、「自分は意図的に落とされたのではないか?3回戦は相当ウケたのに、審査員がダメだ」と運営側を批判されています。

これには、同じお笑い芸人のなかやまきんに君や、ガリガリガリクソンも言及されていましたね。

そして、キートンさんがR-1観覧客の反応に対して批判している内容がこちら。

観覧客に対して、過剰な反応はいらないと言及。

「悲鳴をあげたり下ネタに引いたりするのは邪魔でしかないので、面白い時に笑うだけでいい」と呟いています。

番組を盛り上げるためにも、観覧客の過剰な演出が必要なのかもしれません。

それに対して、キートンさん含めお笑い芸人の方々も少なからず思うことがあったのでしょうね。

実際になかやまきんに君やガリガリガリクソンも反応しているわけですし。

スポンサーリンク



キートンのR-1観覧客批判の内容がすごい!優勝者の予想が当たっていた?

さて、キートンさんの観覧客の反応に対する批判だけに注目がいきがちですが、実は優勝者を予想されていたのを知っていましたか?

そのメモには、「三浦マイルド」や「こがけん」が優勝したら嬉しいね、と書かれています。

が、キートンさんの事前の予想では、コンビの関西人が優勝するだろうと予想されていました。

そして実際に、霜降り明星の粗品さんが優勝しましたね。
これには、予想していたキートンさん本人も喜んでいたみたいです。

キートンのR-1観覧客批判の内容に対するネット上の反応

霜降り明星の粗品さんが優勝して幕を閉じたR-1ですが、キートンさんの言及に対し、やはりネット上では様々な意見が飛び交っていますね。

キートンさんを批判する意見が数多く見られました。

 

大して影響力も無い上にいい大人が
負け惜しみのようでみっともない。
圧倒的な力があるなら良いが、そうでも無いのに
お客に注文つけるのはただただ不快です。
粗品おめでとう、それだけで良い。

これだけ批判してたら、来年からは出場しないんだろうな。

まぁ確かに それは思うけど
過剰にしないとTV的に盛り上がらないからかな

そう思うなら相手にされようがされまいがテレビ局に直談判したらいい。
それができないならSNSに頼らないで欲しい。
見てて痛々しいからね。

笑う笑わないは客の感性だろ?
その場の空気もあるだろうし、客層も後ろ姿だけでハッキリとは分からないし、テレビ画面を通じて観るのと直接会場で観るのでは感じるモノも違うと思う。
今回のコメントも一応、霜降り明星・粗品を称えてはいるけど、結局は自分が予選突破出来なかったことに対する不満しか感じられない。

確かに観客の反応は良かったけど別に嫌な感じはなかったし、芸人さんはすごくやりやすかったと思う。そのせいか今までで1番楽しく見させて頂きました。

確かにオーバーリアクションだとはみてて思った。でも客あってのお笑いだと思うので、出る側があんまり頻繁に言うもんじゃないかと思います

観覧客の反応までケチつけたら、芸人として終わり。芸人の芸の邪魔をしたならわかるけど、反応は観覧客の自由でしょう。

スポンサーリンク