邦画

マチネの終わりに ロケ地撮影場所は?コンサートやパリ・ニューヨークの場所はどこ?

映画「マチネの終わりに」が2019年11月1日に公開されますね。

芥川賞作家である平野啓一郎さんの小説を実写化した映画になっていて、主人公の蒔野聡史役を福山雅治さんが、小峰洋子役を石田ゆり子さんが演じられます。

原作と同じように、映画「マチネの終わりに」でもパリやニューヨークも舞台になっていて、現地での撮影も行われていました。

今回は「マチネの終わりに ロケ地撮影場所は?コンサートやパリ・ニューヨークの場所はどこ?」と題し、蒔野聡史のコンサート会場やパリ・ニューヨークでロケ地となった撮影場所を調べてみました。

映画「マチネの終わりに」ロケ地の撮影場所

映画「マチネの終わりに」の撮影期間は、2018年9月中旬から2018年11月末までになっているみたいですね。

パリ・ニューヨークと海外での撮影もありましたから、出演者の方々も大変だったと思います。

パリでは長期間撮影されたみたいですから、映画では海外のシーンも多く含まれているのではないでしょうか。

また、予告編では蒔野聡史がコンサートを行っている様子も写っていましたから、どこがロケ地になっているのかも調べてみましたよ。

横浜市のみなとみらい


みなとみらいと言えば、ロケ地の撮影場所としても有名なスポットですね。

これまで数多くのドラマや映画に登場していて、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」「正義のセ」、映画「アルキメデスの大戦」などに登場します。

またみなとみらいは毎年イベントも開催されていて、夏はみなとみらい大盆踊りや花火、秋は赤レンガ倉庫でビールの祭典「横浜オクトーバーフェスト」など、いつでも楽しめるおすすめスポットです。

住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい

渋谷区のGOOYA東京本社の執務室、会議室


映画「マチネの終わりに」の舞台セットとして、GOOYA東京本社の執務室と会議室が提供されています。

このGOOYAという会社は、関テレのドラマ「FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました」など、他の作品でもオフィスを提供されています。

住所:東京都渋谷区渋谷1-17-4 PMO渋谷 10F

川口市の川口リリア音楽ホール?

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

. 『マチネの終わりに』撮影日誌 ~未来は常に過去を変えている~ ―――――――――― episode 7 キャパ600の音楽ホールは、満杯のエキストラで埋め尽くされた。みなさん、クラシックにふさわしいドレッシーな装い。そんな「観客たち」が目にしたのが、このポスター。 架空の人物のデビュー20周年記念コンサート。だが、見つめていると、とてもフィクションとは思えない。福山雅治とは別種の存在感が、蒔野聡史にはある。 深いブルーのカラーが、蒔野の心性を映し出す。そして、この表情が、彼とギターの親密な距離をあらわし、なぜか、せつなくなる。 写真家でもある福山雅治は、この一葉をどのように捉えたのだろう。ふと、興味がわいた。 #マチネの終わりに #撮影日誌 #福山雅治 #石田ゆり子 #伊勢谷友介 #桜井ユキ #木南晴夏 #風吹ジュン #板谷由夏 #古谷一行 #平野啓一郎

映画『マチネの終わりに』公式アカウントさん(@matinee_movie)がシェアした投稿 –

引用:公式サイト 予告動画

公式のインスタグラムの情報によると、蒔野聡史のコンサートは、キャパ600人の音楽ホールで開催されたと記載されていますね。

原作小説にも登場したサートリーホールかと思ってキャパ数を調べてみましたが、大ホールは約2000人で、小ホールは約430人でした。

いろいろと調べてみたところ、それに近しい場所が「川口リリア音楽ホール」で、こちらはキャパ数は600人です。

また、ホールの壇上に上がる階段の数や、座席横の階段の模様、ライトの雰囲気が酷似していたので「川口リリア 音楽ホール」が撮影ロケ地になっている可能性があります。


住所:埼玉県川口市川口3丁目1−1

パリ

パリでの撮影は16日間にも及んだそうで、近所のパン屋さんやマーケットに通っていたそうです。

ちなみにパリでは、モンマルトルのホテルの5階が石田ゆり子さんのお部屋とのことです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

いつまで時差ボケを引きずってるのか?!と自分を叱りたくなるほど、毎日変な時間に起きてしまいます。 もちろん、そうなる理由はあって、変な時間に寝てるから、とも言えます。 パリとニューヨークのでの日々を改めて振り返ってみて、わたしが一番、何よりも感じたことは 世界は広くて、未知で、 まだまだ勉強するべきことが山ほどあるということでした。日本で、東京で、なんとなく現状に甘んじて生きてしまっていた自分に、それじゃダメだ、と喝を入れてくれた日々。 何よりも必要だと思ったのはやはり語学。 英語はもちろんのこと 今回の映画のために習い始めたフランス語を、私はこのまま習い続けることを決めました。言葉は世界を繋ぐ。 そして当たり前だけど、どんな国の人も、ほとんどおんなじようなことを毎日話してるんですよ。たわいもないことを。みんなおんなじなんです😆 写真は、オランジュリー美術館に続く橋の上。 #マチネの終わりにパリでの日々

石田ゆり子 Yuriko Ishidaさん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

パリでの日々を振り返る。 レストランでの長い撮影。 丁寧に丁寧に、ワンシーンを 2日間かけて撮りました。 パリ組の現地のスタッフ皆さんは、本当に優しくて、あたたかく愛に溢れ、言葉がうまく通じないからこそ お互いに目をちゃんと見て なんとか気持ちを伝えようとする。 そのことがどれだけ、心を温めたか、わかりません。言葉って、ときには邪魔にもなるんですよね。不思議だけど。 お天気にも恵まれ 不思議なくらいあたたかな2日間でした。幸せな時間。 #マチネの終わりにパリでの日々

石田ゆり子 Yuriko Ishidaさん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –


ちなみに、映画に出演されている古谷一行さんがパリに滞在された際、乗っていたタクシーで車上強盗にあわれています。

助手席に乗っていた通訳さんが襲われたらしく、窓をハンマーで割って一瞬のうちにバッグを盗んでいったそうですよ。

パリのレストラン「Chez Julien」


料理の味はうまいとのことで、評判らしいのですが、サービスがイマイチだったり、量が多すぎるとの声もありました。

サービスは最低だが、味はよいので許す!
うまいと聞いて訪問しました。
はっきりいってサービスはよくありません。私語でフロアに注意を払わないスタッフ。メニューも仏語だけですが、「わからなければ聞いてくれ」と言われます。
しかし、料理はうまい。
Vealのタルタルはキャビアが上に敷き詰められ、極上の味。
黒トリュフのリゾットは、驚くほど歯ごたえの良いトリュフがふんだんに入っていて、美味しいです。
デザートはフランボワーズのクリームブリュレ。イチゴが載っているのではなく、イチゴ味のクリームでおいしいです。
正直他人に勧められるサービスレベルではありませんが、それ覚悟でいくならどうぞ。
引用:https://tabelog.com/france/A5701/A570101/57000332/dtlrvwlst/B290197047/?lid=unpickup_review

サーロインステーキが美味!ボリュームも!
地元ビストロとして賑わっていました。ステーキのソースが濃厚ながらも重たくな美味しかったのですがボリュームがありすぎて食べ切れませんでした。男性も残していました。チーズの種類も豊富そうでした。
引用:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187147-d799588-Reviews-Chez_Julien-Paris_Ile_de_France.html

住所:1 rue du Pont Louis Philippe, 75004 Paris, France

ニューヨークのベセスダの噴水

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

今朝の東京は キーンと寒くて空からは 少しだけ雪が❄️。 こんな日は、 ふと、あの日のことを思い出す。 昨年の11月。 マチネの終わりに、 ニューヨークロケ。 セントラル・パークでの 撮影では、途中から雪になり スタッフのみんなは、青ざめていた。 私達の仕事は、いつも天候とにらめっこなのです…。 そんなとき、 セントラル・パークの回廊で歌う一人の男性がいた。 疲れも寒さも吹っ飛ぶような 素晴らしい歌声。 雪に呆然としつつも じっと聴き入るスーパー助監督大庭さん。 この映像を見ると あの時の空気をまるごと思い出す。 雪のセントラルパーク。 Last November, I went to Central Park, where it was snowing. I met a wonderful singing voice. I want to listen to their song again. #マチネの終わりにニューヨークでの日々 #infinityssong

石田ゆり子 Yuriko Ishidaさん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –


予告編でも福山雅治さん演じる蒔野聡史が、一人で歩いているシーンがありましたね。

キアヌ・リーヴス主演の映画「ジョンウィック2」にて、ラストでウィンストンに会った公園も、こちらのベセスダの噴水になります。

冬の時期は、噴水の水がないのでちょっと寂しい雰囲気になるそうです。

ニューヨークのセントラルパーク付近で日本映画の撮影をやっていたら、きっと周りの人も注目したでしょうね。

住所:72 Terrace Dr, New York, NY 10021 アメリカ合衆国

ニューヨークのプラザホテル


こちらも予告編で写っていた場所になります。

1985年に先進5か国によるドル安政策に関するプラザ合意が結ばれましたが、このプラザホテルで行われたことからそう呼ばれています。

なお、1998年に現在(2019年)のアメリカ大統領、ドナルド・トランプがプラザホテルを購入していて、映画「ホーム・アローン2」での撮影ロケ地にもなっていたことから、トランプ本人も映画に出演されています。


住所:アメリカ ニューヨーク市マンハッタン区5番街 768号

まとめ

以上、映画「マチネの終わりに ロケ地撮影場所は?コンサートやパリ・ニューヨークの場所はどこ?」と題し、映画「マチネの終わりに」のロケ地撮影場所をご紹介しました。

パリでは16日間も撮影されたうえ、ニューヨークでの撮影もあり、出演者の方々も大変だったと思います。

石田ゆり子さんはパリでの撮影を楽しまれたそうですが、一方で古谷一行さんは強盗被害にあったそうですが、怪我もないようなので安心しました。

それでは映画「マチネの終わりに」のロケ地となった撮影場所をまとめてみます。

映画「マチネの終わりに」ロケ地の撮影場所
・横浜市のみなとみらい
・渋谷区のGOOYA東京本社の執務室、会議室
・川口市の川口リリア音楽ホール?
・パリのレストラン「Chez Julien」
・ニューヨークのベセスダの噴水
・ニューヨークのプラザホテル

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です