邦画

映画「残穢(ざんえ)」ネタバレ(あらすじ〜結末)!ラストのお坊さんが全てを語る!

映画「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」は、2016年1月30日に公開されています。

小説家の小野不由美さんの作品をもとに実写映画化されたこの映画には、竹内結子さんや橋本愛さんらが出演しています。

今回の記事では、映画「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」のあらすじやネタバレを書いていきます。

映画映画「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」スタッフ・キャスト

監督:中村義洋
脚本:鈴木謙一
原作:小野不由美『残穢』

「私」 役: 竹内結子
久保さん 役: 橋本愛
直人 役: 滝藤賢一
平岡芳明 役: 佐々木蔵之介
三澤徹夫 役: 坂口健太郎
田村さん 役: 山下容莉枝
梶川氏 役: 渋谷謙人
山本くん 役: 成田凌

映画映画「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」あらすじ

私はミステリー関連の小説を書いている作家。

雑誌の連載を持っていて、読者から寄せられる奇妙な体験談などをもとに、作品を書いていた。

そこにとある女子大生の久保さんから手紙が届く。

それは、自宅の畳の部屋から、ホウキで掃除しているような音が聞こえてくるのだという。

久保さんの部屋が呪われているのかと思いきや、別の部屋でも奇妙な出来事が起きていた。

不審に思った二人は、久保さんの自宅マンションの土地の歴史を調べていくと、過去にも奇妙な事件が続出していたことを知る。

そして、それらの奇妙な事件は、福岡の北九州で起きた事件がきっかけになって起きていたのだった・・・。

映画「残穢(ざんえ)」ネタバレ・結末

久保さんから奇妙な体験談についての手紙が届く

私の生業は作家。
半年ほど前から怪談雑誌に連載をもち、読者から送られてくる、奇妙な体験談が書かれた手紙をもとに小説を書いていた。

そしてとある女子大生の久保さんから、自宅に何かがいるような気がする、との手紙が私に送られてきた。
夜中に久保さんが作業をしていると、畳の部屋から妙な音が聞こえてくる。
その音は鳴り止まず、久保さんは、畳の部屋でだれかがホウキで掃除しているような、そんなイメージがしたと。

私の夫もホラーやミステリー関連の小説家だが、とはいえはそういうものには、否定的だった。
そして久保さんからの続報が届く。
どうやら体を畳の部屋に向けると、ホウキの音がしなくなるそうだ。
だが、畳が視界に入るので扉を閉めると、今度は畳を這いずるような音に変わった。
扉を開けてみると、着物の帯がサッと動いて暗闇に消えていくのが見えた、と。

私は久保さんの話に興味を持ち、過去にも同じような体験をした手紙があったことを思い出す。
そして同じ内容の手紙を取り出すと、送り主は、部屋は違えど同じ建物の住人だった。

一方の久保さんは、自分が住む202号室や405号室の人の出入りを調べると、半年くらいで引っ越していることがわかった。
不動産屋に行って調べるも、とくに自殺のような事件は起きていないという。

マンションが建つ土地では、過去に怪事件が起きていた

そして半年後、久保さんから、202号室の前住者の消息が分かったと連絡がはいる。
前住者は梶川さん。
以前働いていた職場を尋ねると、1年前に死亡したと伝えられる。
マンションに住み始めてから様子がおかしくなり、新たな引越し先で自殺した。
その引越し先の管理人に話を聞くと、梶川さんは「ここに赤ん坊はいるか?」と聞いていたそう。
周囲にも赤ん坊はいないと告げると、梶川さんは安心していたとのこと。

だが、管理人にもなにか心当たりがあった。
夜中に梶川さんの声が聞こえ、カーテンを開けてみるも、そこには誰もいなかった。
夜中に玄関をノックする梶川さんの姿を見るも、突然部屋の中に梶川さんが現れた。
そんな体験が続き、不審に思った管理人が梶川さんの自宅に入ると、そこには首を吊った梶川さんの遺体があったのだ。

久保さんが自宅に帰ると、隣に引っ越してきた女性から、いたずら電話に悩まされていると相談される。
その電話の内容は、「今何時ですか?」とか「消化器ありますか?」といった気味が悪い内容だった。
久保さんは、部屋が呪われているのではなく、土地そのものが呪われているのではないかと、私に言ったのだ。

そして私は久保さんのマンションに出向き、久保さんと調査をすることにした。
すると、マンションが建つ前には、小井戸さんという方がこの土地に住んでいた。
小井戸家はゴミ屋敷だったらしく、知らないうちに死んでいたそうだ。
というのも、小井戸さんは隙間が嫌いだから自宅にゴミを敷き詰めていたとのこと。
町内会の人に話を聞くと、どうやらこの土地は人の移り変わりが激しい場所らしい。
そして、自宅に帰った久保さんは、いたずら電話に悩まされていた隣人が引っ越したことに気づく。

翌日、2人は古くから写真展を営む田之倉さんのもとを訪れる。
そしてマンションがあった土地の歴史を調べるうちに、高野家の存在を知る。
そして高野家の令嬢が、嫁ぎ先の家で首を吊って自殺したことが判明する。
次に、高野家と親しかった日下部さん姉妹に話を聞くことに。
すると、高野家の人間は、赤ん坊の泣き声の幻聴に悩まされていたことが判明。
「赤ん坊が床から湧いて出る」と言っていたそうだ。

これらの話を聞いた久保さんは、しばらくしてマンションを出ることに決めた。

福岡の炭鉱で起きた火事が祟りを生んだ?

私は、これまでの話を雑誌の編集者に相談することにした。
すると、似たような話で「廃墟の床に無数の赤ん坊の顔を見た」という心霊スポットにたどり着く。
そこは赤ちゃん殺しの殺人犯(中村)がすんでいたのだが、中村が逮捕されたときに見つかった赤ん坊は1体だけだったらしい。
その場所は千葉にあるという。

新居に引っ越した私のもとに、怪談作家の仲間から千葉の廃墟で起きた事件に関する新聞のスクラップが届く。
廃墟の住人は中村家。
中村家の妻は、自分が産んだ子供を殺しており、ついには逮捕されてしまう。
後に中村家の土地は更地になり、その後移り住んできたのが高野家と根元家だった。
ちなみにこの土地は、現在のマンションがある土地だ。

さらに過去に遡ると、マンションがあった土地には吉兼家の建物があった。
そして作家仲間が、今度は「精神病者私宅監置の報告」という資料を持ってきた。
大正時代の座敷牢についての資料のようだった。
過去に吉兼友三郎という人物がおり、15歳の頃に発病して奇妙な行動を繰り返したため、私宅監置となったらしい。
さらに床下を徘徊するのを好む、とも書かれていた。
ここで私は、赤ん坊殺しの中村が、床下から「焼け、殺せ」という声に命じられて子供を殺していたことを思い出す。

私と久保さんはお寺の住職、國谷さんのもとへ。
そこで、吉兼家に嫁いできた「三喜」という女性がいたことを知る。
三喜は24歳で亡くなるが、その姿を描いた絵があったそう。
だが、その絵は焼けて焼失していると、住職は答える。
そして三喜の実家は九州の福岡にあることが判明。
三喜の絵は、時に顔が歪むことがあり、それを見たものは呪われると言われている。
三喜の実家の奥山家は、福岡で炭鉱を経営していたが、100人以上が死んだ火事が起きたらしい。
炭鉱で起きた火事を止めるため、入り口を塞ぎ、多数の犠牲者を出すこととなった。
その後、夜中に謎の影が見えるようになった奥山家党首は、家族を皆殺しにし、自身は山で首を吊って自殺したそうだ。

そして、私の周囲でも怪奇現象が起き始める

その話を聞いた時、私は以前に書いた、炭鉱の跡地に建った建物を舞台にした「河童のミイラ」という作品を思い出す。
そして河童のミイラの投稿者である、真辺さんから話を聞くことにした。
すると、その舞台となった家には、実際に河童のミイラがあったそうだ。
その家の当主は「真辺幹男」という名で、江戸時代の晒し首の絵や呪術に使う猿の手首などを集めていたらしい。
そして極め付けは、持ち主を呪うと言われる日本刀。
真辺幹男は、その日本刀を使って自殺したらしいが、自宅はまだ福岡に残っていた。

私たちは福岡にある、真辺幹男の自宅を訪ねる。
すると、自宅の奥には、壁一面にお札がビッシリ貼られた部屋があった。
真辺幹男は神や仏、そして呪われた道具に頼るも、最後はタタリによって殺されてしまったのだ。

その後、久保さんが住んでいたマンションの隣の部屋に引っ越してきた夫婦が、一家心中をおこしたとのニュースが流れる。
私は久保さんと喫茶店で話を聞くことに。
すると、久保さんは再び音が聞こえてくる、と不安がっていたが、いざとなったらまた引っ越すと告げる。
そして私と久保さんは別れたのだった。

私は自宅で原稿を書いていると、突然「コウシュウ」から電話がなり「今何時?」という奇妙な声が聞こえてくる。
そして雑誌編集部の建物や、以前に梶川が住んでいたアパートでタタリが起き始めてしまう。
お寺に住む住職は、棚から一枚の絵を取り出し、それを広げて確認してみると、三喜と思われる女性の顔が歪んでいたのだった。

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。