スポーツ

大畠佑紀の経歴・学歴は?現在はシンガポールで会社を立ち上げ!

14歳という若さで、体操の全日本選手権個人総合優勝を果たした大畠佑紀さん。

現在は体操から離れ、なんとシンガポールで会社の経営者をされているそうです。

今回は「大畠佑紀の経歴・学歴は?現在はシンガポールで会社を立ち上げ!」と題し、大畠佑紀さんの経歴を調べてみました。

大畠佑紀の経歴・学歴は?


名前:大畠佑紀(おおはた ゆうき)

生年月日:1982年1月18日

出身地:埼玉県さいたま市

出身高校:戸田高校

出身大学:筑波大学体育専門学群

3歳から器械体操を始めていて、戸田市スポーツセンターに所属されていました。

1996年には、中学3年生で全日本選手権の個人総合優勝を果たしています。

しかも、この大会では同じクラブの先輩でもある菅原リサさんとの同点優勝となっています。

1997年9月には国際ジュニア大会の段違い平行棒で優勝、1998年のバンコク・アジア大会では3位入賞と素晴らしい成績を収めています。

なお、高校卒業と同時に体操も引退されています。

チャンピオンになったという立場からのプレッシャーで、思うような成績が残せなかったため引退されたそうです。

その後は、筑波大学体育専門学群に進学。

大学卒業後は、人材系大手企業「インテリジェンス」やアプリ開発会社「ガプスモバイル」を経て、2011年にシンガポールで現地法人「Reginaa(レッジーナ)」を設立されています。

大畠佑紀の経歴・学歴は?現在はシンガポールで会社を立ち上げ!

大畠佑紀さんがシンガポールで設立した会社「Reginaa」とはどんな会社なのか調べてみました。

シンガポールでクーポンサイト「J Passport」を運営しており、モバイルを活用した店舗(アパレル・サロン・レストランなど)の集客支援を行っているそうですよ。

2017年頃には、なんとシンガポールの総人口の3.5%がJ Passportの会員になっていて、シンガポール最大規模の日系メディアに成長しています。

まとめ

今回は「大畠佑紀の経歴・学歴は?現在はシンガポールで会社を立ち上げ!」と題し、大畠佑紀さんの経歴などをご紹介しました。

体操の全国大会で優勝するも、高校卒業と同時に体操も引退され、筑波大学に進学。

大学卒業後は、人材系やアプリ開発会社に務め、2011年にシンガポールで現地法人「Reginaa(レッジーナ)」を設立されました。

同社のクーポンサイト「J Passport」は、シンガポール人口の約3.5%の人が会員になるほどの人気メディアになっています。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

あわせて読みたい
阿知波重尚の経歴(学歴・大学)は?現在もマスターズ甲子園をめざしている?PL学園の選手として甲子園に出場し、活躍された阿知波重尚さんをご存知でしょうか? プロ野球の西武や楽天で活躍された松井稼頭央選手をもっ...