芸能

斉木祐介の経歴プロフィール(元RADWIMPS)!担々麺のお店の場所や評判は?

皆さんは斉木祐介さんをご存知でしょうか?

有名バンドRADWIMPSは、今でこそ4人組ですが、当初はもう一人いて5人組バンドだったんですね。

で、その元メンバーが斉木祐介さんなんですね。

斉木祐介さんは汁なし担々麺のお店を営んでいるそうですよ。

今回は「斉木祐介の経歴プロフィール(元RADWIMPS)!」と題し、斉木祐介さんの経歴を調べてみました。

また、斉木祐介さんが営む汁なし担々麺の専門店「担担担(タンタンタン)」もご紹介しますね。

斉木祐介の経歴プロフィール(元RADWIMPS)

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

えへへ RADWIMPS同窓会

Yusuke Saikiさん(@saikiyusuke)がシェアした投稿 –

名前:斉木祐介(さいき ゆうすけ)
生年月日:1985年9月10日
血液型:O型
出身地:東京

RADWIMPS結成当初はこの5人でバンド活動をされていました。
野田 洋次郎
桑原 彰
斉木 祐介
朝生 恵
芝藤 昭夫

2002年8月27日に「YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVAL 2002」にてオリジナル曲「もしも」でグランプリを獲得。

2003年7月1日にファーストアルバムの「RADWIMPS」が発売されるのですが、ボーカルの野田洋次郎さんが大学受験のため活動を休止。

2004年3月にRADWIMPSは活動を再開するのですが、その際にメンバー入れ替わり、斉木祐介さんは別の道を歩まれたみたいですね。

そして父親がカメラマンらしく、映像制作の専門学校に入学されたそうですね。

RADWIMPSを抜けたあとは、ザ・ブルーハーツの梶原徹也さんのTHUNDERBEATというプロジェクトに参加され、ツアー中に脳梗塞を発症してからは、音楽のイベント会社を始めたそう。

おそらくその会社は「株式会社DIPACK」ではないかと思われます。

2018年くらいから「プロ遊び人」という名目で、美味しいものを食べるべく、汁なし担々麺を食べ歩いたそう。

その際にいろんなアイデアが出てきて、知り合いの料理人に相談してレシピを作っていき、汁なし担々麺のお店を出すことにしたんですね。

2018年6月頃に担々麺に興味を持って、9月まで食べ歩き、10月にお店を出す、という短期間で出店にまで漕ぎ着けています。

汁なし担々麺専門店「担担担」のお店の場所や評判は?


斉木祐介さんが営んでいる汁なし担々麺専門店「担担担(タンタンタン)」。
ごまだれやラー油は斉木祐介さんがオリジナルで調合して作っているそうです。
辛さが調整できるところが好評で、お店もおしゃれな感じになっています。

2019年9月時点では、都内に3店舗がオープンしています。

・渋谷ロフト前店
住所:東京都渋谷区宇田川町17-1 ブラザービル6F
営業日:定休日なし
営業時間:11:30〜16:00

・渋谷東急本店前店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-25-7 プラザ道玄坂5F
営業日:水・木 のみ
営業時間:11:30〜16:00(ラストオーダー 15:45)
※売切れ次第終了

・渋谷道玄坂ゴールデンボール店
住所:東京都渋谷区道玄坂2-22-6
営業日:定休日なし
営業時間:11:30〜17:00