スポーツ

星槎国際湘南の黒柳智世のフリーキック(FK)がエグイ!常盤木を破る!

1月13日、全日本高校女子選手権の決勝が行われ、星槎国際湘南(神奈川)と常盤木学園(宮城)が優勝をかけて戦いましたね。

星槎国際湘南は創部5年、一方の常盤木学園は名門中の名門ということでしたが、結果をみると星槎国際湘南が初優勝を飾りました。

星槎国際湘南が1-0で勝利したのですが、その決勝点となった黒柳智世のフリーキック(FK)がエグイと評判になっていました。

ということで、今回は決勝点を決めた黒柳智世のフリーキック(FK)についてご紹介しますね。

星槎国際湘南が初優勝!黒柳智世のフリーキック(FK)がエグイ!

今回の全日本高校女子選手権の決勝戦は、星槎国際湘南(神奈川)と常盤木学園(宮城)が戦いました。

名門校の常盤木学園は、6度目の優勝をかけて決勝戦に臨みましたが、結果は星槎国際湘南が1-0で初優勝を飾りました。

そしてその決勝点を決めたのが、星槎国際湘南の黒柳智世選手。

その衝撃的なフリーキック(FK)がこちら。

ボールを蹴るパワーもすごいですが、そのボールをコントロールする技術力の高さもすばらしいものがあります。

星槎国際湘南が初優勝!黒柳智世のフリーキック(FK)に対する世間の反応

黒柳智世選手のフリーキック(FK)があまりにもエグすぎたので、ネット上では様々なコメントが寄せられています。

 

「相手の攻撃に体を張り、献身的に走って対抗し勝利をもぎ取った。体格差もあった中お見事としか言えない。今後はどんどん新興勢力が勝ち上がっていく時代になるのかもしれない。」

「フリーキックお見事!!おめでとうございます。」
ヤフーコメントより

 

星槎国際湘南が初優勝!黒柳智世のフリーキック(FK)がエグイのは理由があった?

決勝の相手が常盤木学園という名門校であったため、プレッシャーもかなりあったと思いますが、黒柳智世選手のフリーキックで見事に優勝を手にしました。

なぜ創部5年のチームが、全日本高校女子選手権で優勝できたのでしょうか?

その裏には、星槎国際湘南のテクニカルコーチの存在が挙げられるみたいです。

というのも、テクニカルコーチに、あのピエール・リトバルスキーがいるのです。

ピエール・リトバルスキーといえば、元ドイツ代表でW杯で優勝した経験もあるスーパープレイヤーです。

いったいどうやって、星槎国際湘南はリトバルスキーを引っ張ってきたのかは謎です。

いずれにせよ、創部5年にして全日本高校女子選手権で優勝できたのも、少なからずリトバルスキーの影響があったのではないでしょうか?